顔や身体のたるみと闘うブログ

顔や身体のたるみと闘うブログ

トップページ >> メイクとたるみ2

肌のたるみを隠すカバーメイク方法〜チーク編〜

普段何気なく使っているチークですが、使い方によっては気になるたるみを消すことができます。

まず、いつもと同じようにチークをブラシに取り、頬の位置より少し高い部分に入れます。

この時、こめかみに沿って斜め上にチークを入れると、顔全体を引き締めて見せてくれます。

チークの色味がきつすぎたり、大きく入れてしまうと不自然に見えてしまうので、鏡を見て調節しながらチークを入れていきましょう。

また、チーク選びの際は自分の肌色に馴染むかどうかもチェックしましょう。商品によってはお試しができるので、手の甲に塗って色味を確認しましょう。

ブラシにチークを付けて一回手の甲をブラシで撫でると、チークの入れすぎを防止することができます。

チークの量が足りない場合は、チークをブラシにとる、手の甲に一回塗る、頬に付けるという流れを繰り返して行いましょう。

肌のたるみを隠すカバーメイク方法〜ハイライト編〜

メイクで顔のたるみを消す際、欠かせないのがハイライトです。

ハイライトは顔の一部を明るくするメイク道具で、様々なメーカーから多種多様なハイライトが販売されています。

今回は、ハイライトを使ってたるみを隠す方法をご紹介します。

ハイライトはメイクの仕上げ段階で使います。いつものメイクよりやや高めの位置で使うと、光の反射でたるみの部分を隠すことができます。

ハイライトを入れる部分は、Tゾーンと目の下、眉の上部分です。

Tゾーンのハイライトは目鼻立ちをはっきりとして見せることができ、立体的な顔を作りたるみを消すことができます。

目の下、眉の上部分のハイライトは、特に目の周りのたるみを隠すことができます。たるみが出やすい目の周りを、ハイライトの光の反射で隠すことができます。



Copyright (C) 2014 顔や身体のたるみと闘うブログ All Rights Reserved.
↑先頭へ